近藤さなえ P-7(2016年編)
FC2web

南アフリカ大使館 近藤さなえさんのHP 雲峰のコムラッズマラソン
 

バックナンバー
砂漠レース日本事務局情報 P-5(2014年編) 砂漠レース日本事務局情報 P-6(2015年編)
砂漠レース日本事務局情報 P-3(2012年編) 砂漠レース日本事務局情報 P-4(2013年編)
砂漠レース日本事務局情報 P-1(2010年まで) 砂漠レース日本事務局情報 P-2(2011年編)
 P-1 コムラッズマラソン情報
 
 

P-7 プログラム(2016年編)

砂漠フレンズ通信(クリスマス!)
砂漠フレンズ通信 (南極ラストデザート)
砂漠フレンズ通信(スーパームーンは見えたかしら?)
砂漠通信〜ハロウィーン
砂漠フレンズ通信(アタカマクロッシングの季節)
砂漠通信 〜 いよいよ9月
砂漠の空から(日本事務局便り〜七夕)

砂漠通信(6月19日・父の日)〜ゴビマーチ スタートしました!
砂漠通信 〜 梅雨入り〜

砂漠フレンズ通信〜サハラレース+α
砂漠通信 (4月26日)
砂漠フレンズ通信(パタゴニアレース2017)

砂漠フレンズ通信(3月11日)
砂漠フレンズ通信(東京マラソン前日)
砂漠フレンズ通信(2月7日)
砂漠フレンズ通信(2016年1月)



平成28年12月24日更新

砂漠フレンズ通信(クリスマス!)

 
砂漠フレンズの皆様、

冬至が過ぎましたね。あずきかぼちゃは食べましたか?風邪引かぬように、ビタミンAの補給にかぼちゃ、そしてあずきとの組み合わせは栄養学的にも良いそうです。あとは鳥ひき肉のあんかけなども食べますが、カボチャと鶏肉の相性も良いそうです。

今年のアタカマクロッシングに大勢のメンバーでチームエントリーし、完走したTEAM A☆H☆O の編集中の映像が26日までの限定で一部特別公開(!)されています。報告会や彼らの普段の笑顔からはなかなかに想像出来ない苦しみもだえる姿が。 https://www.facebook.com/masao.d35/videos/1493516917329287/

そして、彼らの報告書もお時間ちょっと作って、読んでみて下さい。みなさんがアタカマで体験した事もよみがえってくるかも?これから行く人はびびっちゃうかしら?そんなことはないとおもいますから、安心して、読んでみて下さい。チームなんだけれども、一人一人の思いが異なって、それぞれの目的やきっかけで参加したメンバーたちの声です。いろんな人にシェアOKだそうですので、ご希望の方がいらっしゃいましたら、ぜひどうぞ。

TEAM A☆H☆O2016 チリ・アタカマ砂漠マラソン報告書こちらをダウンロードしてご覧ください。
http://firestorage.jp/download/378185b7af43a3f6d85f5bfa420be5b843d2b963

お知らせあと2つです。
一つは、砂漠新年会。参加表明がまだな方は、ぜひご連絡下さい。
砂漠デビューするメンバーがたくさん来てくれて、うれしいです。アドバイスしてくれる先輩諸君、募集中!
そして、もうひとつは、2018年のロービングレースについてです。
2017年はパタゴニアに決まっていますが、2018年はどこが良いと思いますか?
皆さんのご希望があればどしどしリクエストお願いします!
1月3日のグレートレース、予告編も放映され始めました。
http://www4.nhk.or.jp/greatrace/

今年もたくさんお世話になりました!たくさんの感動をありがとうございました。気がつけば、自分の息子より若い人たちがエントリーするようになってきて、砂漠ファミリーは3世代くらいに大きくなってきています。個性派がますます増えて、楽しさが倍増です。

来年も、一緒にたくさん遊べるように、日々体力作りを心がけたいと思います。
Happy Holidays !


近藤さなえ (Sandy Kondo)
4デザーツ砂漠レース日本事務局
http://www.4deserts.com
http://www.racingtheplanet.com
TEL: 090-1535-3629

 
 
このページのトップに戻る

 


平成28年12月5日更新

砂漠フレンズ通信 (南極ラストデザート)

 
砂漠フレンズの皆様、
あっというまに12月! お元気ですか?

南極のレースも無事に終了、今回は、なんとラッキーなことに、出発してからのドレーク海峡の海は穏やかだったそうです。

1年以内に4デザーツ全てのレースを完走すると、グランドスラムと言いますが、それにロービングレースも完走されると、グランドスラム・プラスと言います。今回は、日本から初めて、このグランドスラム・プラスを達成した選手が出ました!宮崎けいごさんです。凄いです! いつもは元気にレース展開する宮崎さんも、今回は南極行きの船に乗る前から風邪をひいて、体調立て直すのに大変だったようです。それでも頑張って完走。日本からは、レジェンドのお一人、クリスさんも参加されました。他の3名は、チームサクラとして、参加。レースで出会って、チームを組んで参戦する。。。これからもそんなチームが増えてきそうです。

大切なお知らせ2つほど。
今年のサハラレース(ナミビア)のNHK BS1 放映予定日が決まりました。
1月3日(火) 午後7時〜7時50分(途中ニュース)午後8時〜8時49分
「熱砂の海を走り抜け! ナミブ砂漠250km」

お知り合いやご家族の方にお知らせしてください!
(あまりにも前のことで、とっても懐かしくさえ感じます)
3日は、まだお正月休みの方も多いかもしれませんね。みかんを1箱くらい買って、こたつの上に積み上げて食べながら番組見たら、脱水症には絶対にならないでしょう。

砂漠フレンズ新年会は1月7日(土)お昼12時から14時まで
千代田区半蔵門駅向かい 麹町カフェ http://www.kojimachi-cafe.com
会費:4千円 (予定)

新年会にはお友達、お知り合いの方もよろしければ是非お誘いください。
参加人数を把握するため、今月22日までに参加する、しない、の連絡をいただければと思います。
すでに参加表明いただいている方は、あらためてご連絡いただく必要はありませんので、大丈夫です。

普段のトレーニングに加えて、12月は忘年会、クリスマスと、胃袋トレーニングもピークを迎えそうです。楽しく元気に12月を過ごしましょう。

追伸:今月11日に、大坂吹田スタジアムで開催されるFIFAクラブワールドカップの会場でボランティアをします。もし、会場でどなたか見かけたら、声かけて下さい。午後の試合からナイトゲーム終了までおります。また、一緒にボランティアしてくれる方を11日は5名、14日は8名募集中です。日常英会話力要。

興味のある方は5日夜までにご連絡ください。南アフリカチームが勝ち進めば、18日(日)に横浜で行われる試合にもボランティア8名必要です。ご一緒にいかがですか?


近藤さなえ
4デザーツ砂漠レース日本事務局
4 Deserts Race Series Ltd.
www.4deserts.com
Cell:090-1535-3629
http://twitter.com/sandykondo

 
 
 
このページのトップに戻る

 


平成28年11月16日更新

砂漠フレンズ通信(スーパームーンは見えたかしら?)

 
砂漠フレンズの皆様、こんばんは。

スーパームーンは見ましたか? エジプトサハラでこの月を見てみたいものだと思います。
同じ地球上でも、この時期白夜に近い状態にあるのが、南極。
選手たちは続々とウシュアイアに向けて移動中です。

日本では東京の晴海埠頭から南極観測船「しらせ」が越冬隊をのせて出港しました。この1週間後に南極メンバーが日本から出発します。日本在住のレジェンド、クリスさんを含め4名が参加します。クリスさん以外の3名はチームカテゴリーでチャレンジします。よろしければ、ぜひ応援してください。

東京の方はまだ暖かい日が時々あり、冬の寒さが本当にくるのか、不思議くらいですが、健康管理に気をつけて、年末大掃除というステージレースに向けて体力作りに励みましょう。

おっと、大切なお知らせを。。。
来年の砂漠フレンズ新年会を1月7日(土)いつもの麹町カフェでお昼12時から行いたいと思います。
お友達やパートナーもお誘いの上、どうぞご参加下さい。詳細(会費等)は次回ご案内いたします。
皇居ランにも便利な場所です。ベジタリアン対応可能です。参加出来る方は、メールを下さい。

来年のレースエントリーも受付中ですので、エジプトサハラ代替地のナミビア、ゴビマーチ、アタカマクロッシング、お好きなレースにポチっとエントリーしてみてください。パタゴニアの大会エントリーはまだエントリー受け付けています。デポジット払ったのに、大会HPにお名前が出ていない方はご連絡ください。デポジットお支払いいただいた方から参加枠確定となります。オンラインエントリーだけでは参加枠確保できておりませんので、ご注意ください。

来年は4デザーツ以外に、6月4日(南アフリカ)のコムラッズマラソン(ウルトラ89km)に参加します。世界最大のウルトラマラソンです。コチラのエントリーは今月末までです。一人でも多くの人と現地でお会いできたらうれしいです。よろしければこちらもポチッといかがでしょう? ランナーとしては初めて参加するので、正直焦ってます(笑)お祭り騒ぎの楽しい大会です。
www.comrades.com

参考 2000年雲峰の参加大会駄作マラソンの歌レポート
http://unpoh.eco.coocan.jp/MU18-23Gou/22-11Comurazzu.html

明るい月の光が暗闇を照らして導いてくれますように。


近藤さなえ
4デザーツ砂漠レース日本事務局
4 Deserts Race Series Ltd.
www.4deserts.com
Cell:090-1535-3629
http://twitter.com/sandykondo

 
 
                        2016/11/16 11:05着信
雲峰 さん、
おはようごうざいます。

いつもありがとうございます。そうなんです、来年走る計画です。コムラッズマラソンの親善大使も世界のあちこちに増えたのですが、一度もランナーとして走っていないのは自分だけで、それでお呼びがかかってしまった。。。という状況でもあるのですが、現在の心境は、「ひぇ~っ!どうしましょ」というのが正直なところです。もうそろそろ自分が走るのはやめようかしら、と思うようになる度に、何かしらこういう走る側への引き寄せが起こります。不思議なものです。あれこれ断る理由を作るよりも、できるかどうかわかりませんが、とりあえずやってみようかと。

雲峰さんの俳句、いつ見ても楽しく、臨場感あふれて感激します。旅レポートもしかり。
そうそう、今では、制限時間が12時間に伸びました。(11時間~12時間のフィニッシャーメダルはサブ11とはまた別の色です)

昨年は40名近く日本人が参加、毎年、現地駐在員の方々も参加されるようになり、うれしい限りです。今年は参加者がやや減少。砂漠レース参加者の数の伸びに比べるとなぜか鈍いです。遠くまで行って走るには短すぎるのか。。。?

子供のころから速く走れた試しがないので、今月からハイテクスポーツ塾というところに通い始めました。楽しいです。自分の不器用さに改めて向き合い、あまりにも不器用で笑いが止まりません。これで自分の走りに変化が出て、タイムが良くなることができたら、自分が一番驚くと思っています。とりあえずは、フルマラソンでしっかり余裕でサブ5を走れるようにならないといけないので、頑張ります。

来年のコムラッズの前には、南アフリカ国内で行われるエキスぺディション・アフリカというアドベンチャーレースのボランティアに参加することにしました。砂漠レースの主催者とは別物ですが、1週間にわたるアドベンチャーレースで、カヤック、クライミング、マウンテンバイク、トレッキングなどを組み合わせたとてもマニアックなレースで、日本からは、チーム・イーストウィンドが参加します。

来年の有給休暇が足りないので、大使館側に、コムラッズに行くときは無給休暇で行かせてくれと交渉中です。

雲峰さんや渡辺先生ともまたお会いしたいものです。
季節柄、どうぞご自愛ください。いつも本当に、ありがとうございます。


近藤さなえ
4デザーツ砂漠レース日本事務局
4 Deserts Race Series Ltd.
www.4deserts.com
Cell:090-1535-3629
http://twitter.com/sandykondo

--------------------------------------------------------------------------------

差出人: 篠田雲峰 <unpoh@nifty.com>
送信日時: 2016年11月16日 9:18
宛先: Kondo Sandy
件名: Re: 砂漠フレンズ通信(スーパームーンは見えたかしら?)

お早うございます。
記事ありがとうございました。掲載済みです。
コムラッズマラソン、ランナーとして初参加とはびっくりです・・・。
私の参加した駄作ながらのマラソンの歌レポートをPRさせていただきました。
悪しからず・・・。

*~*~*~*~*
篠 田 雲 峰
Tel 042-472-6564
Email
unpoh@nifty.com
HP キーワード「雲峰のマラソンの歌」→検索
*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

 
                        2016/12/6 23:39着信
雲峰 さま、

いつもありがとうございます。
先日の土曜日、千葉シーサイドマラソンに参加し、フルマラソンのサブ5を達成することができました。
コムラッズのエントリー資格タイムを作ることができました。
単に5時間の制限時間をクリアしただけなのですが、自分としては必死にがんばりました。そしたら、おまけがたくさんついてきて、

50代女子の部 1位
女子総合 3位
という、一瞬なんのことかわからなくなりそうな、出来事がおこりました。

男性がほとんどで、フルマラソンの部に参加した50代女性は私を含め二人、女子は8名です。
表彰台に導かれ、日本陸連のロゴ入りベンチコートを来た年配の方から賞状を読み上げていただき、メダルをかけてもらい、信じられないハプニングでした。

初めてのサブ5となったこのマラソン大会は、忘れられない思い出になること間違いありません。
コムラッズマラソン本番に向けて、地道にトレーニングをしていきます。


近藤さなえ (Sandy Kondo)
4デザーツ砂漠レース日本事務局
http://www.4deserts.com
http://www.racingtheplanet.com
TEL: 090-1535-3629

 
 

このページのトップに戻る



平成28年10月26日更新

砂漠通信〜ハロウィーン

 
砂漠フレンズの皆様、

ハロウィーンの仮装も、日本の商売根性のたくましさと、理由はわからずもお祭り騒ぎに便乗してしまう日本の都会の人たちですが、オレンジ色のかぼちゃは、皮が柔らかいので、細工しやすくてGoodです。

パンプキンパイもそれだけで食べるとちょっと重たすぎるのですが、なぜか生クリームをホイップして乗せて食べるとあっさりと食べられるこの不思議な現象。なぜでしょう。

さて、アタカマクロッシングも無事に終了し、南極ラストデザートまで1ヶ月をきりました。
アタカマクロッシングでは、4デザーツ グランドスラムプラス(4つの定期レース+ロービングレース)を目指す選手も何人かいますが、日本からも宮崎けいごさんがアタカマまで全て完走しましたので、南極を完走すれば、このタイトルを手にすることになります。

また、アタカマでは、日本からの選手として初めて、兄弟で4デザーツの砂漠レースを完走した選手が誕生しました。田島圭次郎さん。お兄さんの田島大輔さんは数年前に完走済み。いつか兄弟揃って4デザーツにまた来てもらえる事ができたら嬉しい限りです。

どの選手もたくさんの思い出が出来たようです。うまくいった人も、いかなかった人も、いろいろ感じることがあったと思います。10名のチームで参加したTEAM A☆H☆Oは、他の2つのチームが途中でメンバーリタイアによる個人戦への転向となった中、唯一の完走チームとなり、結果チーム優勝しました。昨年は6名で参加したチームですが、その中で、石本幸四郎さんだけが完走できませんでした。レース直後に幸四郎さんの「来年チャレンジして完走したい」という決意から、メンバー数名入れ替えと新しいメンバーが加わり、今年10名のチームとなりました。幸四郎さんの視力障害があり、視野が現在5%くらいしかないそうです。今回見事に完走しました。

とてもユニークなチームですが、一人一人の目的や思いはそれぞれ。住んでいるところもばらばらで、走力もまちまち。私もそうですが、速く走るのが苦手な者にとっては、必死についていかなければと、つらいことが多いのですが、速い人は、速い人で、遅いメンバーにも調子を合わせる必要があるので、もの凄い忍耐力が必要となり、一人で走るよりも心身疲労を生み出しやすいとも言われています。

このメンバーたちのトークイベントが今週金曜日に東京でありますので、お時間都合付く方、ぜひ彼らの話を聞きに行ってみませんか?私も行きますので、砂漠フレンズたちと会場でお会い出来たらそれもまたうれしいです。会費が3千円です。

いろんな意味でユニーク過ぎて、楽しそうなメンバーですが、以前にサハラレースにワッキーが参加したことを知っているスタッフや海外の砂漠フレンズたちから、「彼らもお笑い芸人なの?」と問い合わせがあったほどです。よろしければお友達も誘って是非。イベント案内はコチラ:


【10/28】in東京 (TEAM A☆H☆O)
時間:18:30〜20:30
会場:大井町きゅりあん 大会議室
イベントページ:https://www.facebook.com/events/1203402799717683/ 

皆さんの中でも、「報告会します」「イベント行います」という方がいらっしゃいましたら、お知らせ下さい。
完走レポートなど、ランニング雑誌のランナーズやクリールに投稿すると、載せてもらえる可能性が結構ありそうなので、興味のある方は是非トライしてみてください。

行楽の秋ゆえ、海や山でお会いすることもあるかもしれませんね。そのときは、よろしくお願いします。
季節をたのしみましょう。


近藤さなえ
4デザーツ砂漠レース日本事務局
4 Deserts Race Series Ltd.
www.4deserts.com
Cell:090-1535-3629
http://twitter.com/sandykondo

 
 

このページのトップに戻る



平成28年10月5日更新

砂漠フレンズ通信(アタカマクロッシングの季節)

 
砂漠フレンズの皆様、

10月だというのに、真夏日になったりしていますが、私自身は秋を確実に感じております。
それは、食欲の秋!

現在、アタカマクロッシング第3ステージ展開中です。
日本からは16名が参加、第2ステージ終わった段階では、福岡の安田健一郎さんが15位。大検討中。
10名でチームエントリーしているTEAM AHOがメンバーばらけることなく、仲良く第3ステージへと進んでいます。

大会HPで見ると、すぐにわかるチームスタイルは、カラフルなアフロにカラフルなマントをまとっています。このマントには今回の大会に参加している選手の国旗が全部縫い付けられています。

メンバーたちは決して経済的時間的に余裕があるというわけではなく、(ある人もいるかもですが)、個々にサポーターを募って参加資金をまかなっています。また、サポートを呼びかけるスタイルのひとつに、「みんなの願いを四角い布地に書いて、みんなの願いをアタカマの星に届けよう!」といった、ユニークなものがあります。5センチくらいの正方形の布1枚を千円くらいで購入してもらい、願い事を書いて、チームはそれをパッチワークみたいに縫って繋げて、アタカマの自分たちのテントの外に飾ります。1800枚くらい集まったそうです。けっこう重そうですが、彼らのPowerと応援してくれる人たちの願いがそれを感じさせず、逆に天使の羽のごとくになって身体を前に進めてくれるのではないかと思います。

いろんなスタイルで参加する人たちが増えて、事務局としてもドキドキします。

また、日本人初のグランドスラム・プラスを達成しようとしている(ご本人は意識しているかどうかわかりませんけれども)、青森の宮崎けいごさんも順調にレース展開しています。これがおわれば、南極へ行くわけです。

この前の日曜日の夜9時に、NHK総合チャンネルにて、パタゴニアで行われたレース番組の放送がありました。ご覧になられた方も多いと思います。この番組の取材クルーは、いつも砂漠レースでお世話になっているクルーが担当しました。選手たちもタフですが、取材班も、このレースが終わって日本に帰国し、同じ週にナミビアに向けて出発したという、これもまたタフな取材班です。

私たち4デザーツが主催する来年のパタゴニアのレースは、アルゼンチン側で場所は少し異なりますが、景色はとてもキレイなところのようです。参加確定者は200名を超えましたので、まだデポジットお支払いになっていないけれども絶対に参加したい!というかたは、手続きをお忘れなく。

パタゴニアで凍えても、砂漠レース行けば、暑いから大丈夫〜。。。なはずが、ナミビアの第2ステージまでは寒かったという。。。

4デザーツのHPデザインが変わって、なかなか慣れないかもしれませんが(私だけ?)、選手リストを出すと、名前の横に、Send e-mailとあって、お手紙マークがついています。このマークをクリックすると、応援メッセージを入力できる画面がポップアップします。スタッフ向けも同様です。よろしければ、ぜひ、メッセージ送ってみて下さい。日本語ではなく、英語かローマ字でお願いします。

海外の砂漠フレンド、ライアン・サンデス(日本のUTMFで2位になったこともある)が、9月下旬に、男の子のパパになりました。体重4000gちょうどの大きなベビーで、名前はマックス(MAX)くん。母子ともにとても元気です。きっと良い子になるでしょう。だって、私の息子と同じ日に生まれたのですから!(笑)

そして、みなさんのアイドル、4デザーツの社長でもあるサマンサがついにポールと結婚式を挙げました!
フェイスブックやツイッターで写真を見た人たちもいると思いますが、とてもステキな結婚式だったようです。
サマンサの笑顔が一段と輝いています。

もうすぐハセツネです。参加される方は頑張って&楽しんできてください。
UTMF, STYに参加された方は今年は大変でしたね。。。

我らがレジェンド、石原良昭さんもUTMFに参加されていました。レジェンドですから、UTMFの前の週にドイツの黒い森280kmを走って、9月20日に帰国、そして23日にUTMFのスタートラインに立っていらっしゃいました。

人生楽しい事がたくさんあるようです。今苦しいとしたら、それは通過点。きっとその先はお楽しみが待っているはずです。アタカマにいるみんなにエールを送ります。



近藤さなえ
4デザーツ砂漠レース日本事務局
4 Deserts Race Series Ltd.
www.4deserts.com
Cell:090-1535-3629
http://twitter.com/sandykondo

 
 

このページのトップに戻る



平成28年9月1日更新

砂漠通信 〜 いよいよ9月

 
砂漠フレンズの皆様、

学校の夏休みも終わり、「夏よ、行かないで〜」と叫びたくなってしまうのは私だけでしょうか。
台風に地震に大雨と、災害が多く発生しておりますが、皆様ご無事でありますように。

9月になると、アタカマクロッシングまであと1ヶ月となります。
今年は日本から16名がエントリー。砂漠デビューする人たちがとても多いです。それに、日本のいろんな所から集まってきます。

嬉しい限りです。
嬉しいと言えば、とてもおめでたいことが今度の週末にあります。

それは。。。。
4デザーツ本部のサマンサの結婚式です。
彼女の結婚を勝手にお祝いすべく、今週金曜日(2日)に私は都内で乾杯していると思いますので、合流したい方いらっしゃいましたら、メールで連絡ください。一緒にお祝いしましょう。

オリンピックを見て、トレーニングにさらに力が入っている人もいるのでは? 私はパラリンピックも大好きです。
ナミビアで行われたサハラレースのテレビ放映の編集作業もピークを迎えました。放送は年明けになるので、まだまだ先ですが、首を長くして、楽しみにしていてください。詳細決まりましたら、ご案内いたします。

それでは、体調管理に気をつけて、アタカマ組は疲労抜きに入る時期、元気に食欲の秋を迎えましょう。


近藤さなえ
4デザーツ砂漠レース日本事務局
4 Deserts Race Series Ltd.
www.4deserts.com
Cell:090-1535-3629
http://twitter.com/sandykondo

 
 

このページのトップに戻る



平成28年7月8日更新

砂漠の空から(日本事務局便り〜七夕)

 
砂漠フレンズの皆様、

七夕の夜、砂漠で見た夜空を思い出してみませんか?
月の明るさに驚いたり
無数の流れ星にお願いごとの数が追いつかなかったり
強風かつ寒い外に勇気を出してテントから出て、トイレに行くのも忘れて星に見とれてしまったり(おっと危ない。。。笑)

ゴビマーチは今年も雪、雨、強風、灼熱とありとあらゆる条件を自然が揃えてくれたようです。
トップ選手たちの順位も入れ替わり、50回目の砂漠レースとなったサプライズが用意されていたりと、シルクロードをたくさんの選手がゴール目指して走りました。

次のレースは10月のアタカマクロッシングです。日本も暑くなり、砂漠レースの練習に好都合となってきました。このチャンスをぜひとも生かしたくなりますね。アタカマは乾燥していますから、日本の暑さとはまた違った暑さです。初めてチャレンジするかたは、心配せずに楽しみにしていてください。

来年のパタゴニアへ申し込まれた方に、確認のお知らせです(重要)。オンラインエントリーしたのちに、デポジットをまだ支払っていない方は、選手リストからお名前が消えている場合があります。各自HPを確認してご自分の名前があるかどうかチェックしてください。払ったのに、名前が載っていない、という方は御連絡ください。エントリーをたくさんいただいておりまして、予定では参加可能人数を200名程度と見ておりますが、それを上回る人数のエントリーがあります。デポジットのお支払いいただいた方から、参加枠確定となります。尚、いったんお支払いいただいたデポジットは、その後キャンセルされますと、大会120日前までは一定金額差し引いた金額払い戻しとなりますが、それ以降は一切払い戻しありませんので、ご注意ください。今年の南極ラストデザートに参加されるかたは支払い期日が別です。

このメールが届いていない方もいるかもしれませんので、パタゴニアに参加ご希望の方は、お仲間同士で確認しあってみていただけると助かります。


近藤さなえ
4デザーツ砂漠レース日本事務局
4 Deserts Race Series Ltd.
www.4deserts.com
Cell:090-1535-3629
http://twitter.com/sandykondo

 
 

このページのトップに戻る



平成28年6月19日更新

砂漠通信(6月19日・父の日)〜ゴビマーチ スタートしました!


砂漠大好きなみなさま、

暑くなりましたね。スイカ食べてますか?
レース中にスイカの差しいれがあった砂漠レースに参加した事のある人は、とてもラッキーです!
スイカが良く出るのが、中国ゴビマーチ、ここのスイカは丸ではなく、楕円形ですね。とても重くておいしいです。

その中国ゴビマーチが本日スタートしました!

ナミビアで休暇を使い果たした人が多いのか、今年のゴビマーチに日本から参加しているのは2名ですが、ナミビアに参加していた外国人選手たちもかなりの人数がゴビに参加していますので、大会HPから選手名簿で知り合いの選手を捜して応援メッセージを送ってみるのもいいかもしれません。

4デザーツのウェブサイトのデザインが新しくなったのをご存知ですか?写真がキレイに見えます。新しいデザインで、最初はリンクを探すのに手間どうこともあるかと思いますが、どうぞご意見ありましたら、お寄せください。私も未だに新しいデザインに慣れなくて。。(笑)

日本も暑くなって、砂漠レースの練習にはもってこいの季節となりました。
だからといって、この猛暑の中、そんなに走れません。。。

都会砂漠の東京の皇居を地面からの照り返しも受けながら走っている人たちを見るたびに、「そんなに暑い中走るのが好きなら〜」と砂漠レースに誘いたくなっちゃいます。みなさんも、そんな人たちをこれからいろんな場所で見かける事とおもいますので、よろしければ、どうぞ遠慮せずにどんどんお誘いください 😊

灼熱の皇居をクルクル走っている人たちを、かき氷食べながら見ているのが好きな事務局です。(ここのところ、日光過敏症なもので。。)

国内ではいろんなところでトレラン大会も行われているようです。私は、先週末行われたスリーピークス八ヶ岳のレースでボランティアをしましたが、なんと初めて国内大会のスイーパーデビューとなりました(図々しくも写真貼付)。23kmの短いほうでしたが、お天気も良く、久々のトレイルを緑のシャワーをたくさんあびながら楽しんできました。最後尾の選手は途中で足が痛くて、もう登れない、というところをゆっくりゆっくりだましだまし登り、不思議と下りはまったく痛みを感じないというので(ロキソニンが下りだけに効いたのか?)ゆっくりペースのつもりで、エイドで私がのんびりと、お取り寄せスイーツとして有名らしいアップルパイをたくさん食べていたら、置いて行かれそうになりました。

最近は、国内大会でボランティアが足りないというヘルプコールをときどき聞きます。なぜそうなってしまうのかはわからないのですが、興味ある方は国内外問わず、ボランティアしてみてはどうでしょう。・自分が選手、家族がボランティアというパターンもいいですね。逆もありで。

久々のトレイルに出かけ、ちょっと刺激されたのか、今年も立山登山マラニックにエントリー。もちろんウォークの部ですが。走れる皆さんはマラソンの部にエントリーするともっと楽しめるかも、です。かつては作文提出、抽選とゼロ関門もなかなか手強かったですが、今年はランネットから先着順に申し込めるようです。よろしければ、一緒に雷鳥荘の温泉行きませんか?→ ゴールは雄山です!このHPからだけではこのイベントの素晴らしさがわかりずらいかもしれませんが、リンクはコチラ http://tateyama-climbathon.com

水分と適度な塩分補給して暑さを楽しみましょう。ゴビマーチのみんなにエールを! ゴビでスイカが食べたい!


近藤さなえ
4デザーツ砂漠レース日本事務局
4 Deserts Race Series Ltd.
www.4deserts.com
Cell:090-1535-3629
http://twitter.com/sandykondo


このページのトップに戻る



平成28年6月8日更新

砂漠通信 〜 梅雨入り〜


砂漠フレンズのみなさま、
日本の半分近くが梅雨入りしました。
これからトレランのシーズンだというのに、雷にはくれぐれも気をつけましょう。
ゴビマーチまであと2週間をきりました。

今年の大会は、4デザーツの砂漠レースが始まってから50回目のレースとなります。ゴビは景色がいろいろと変わって風景に飽きませんが、天候もめまぐるしくかわり、雷も度々発生します。参加されるかたは、ブリーフィングで雷対処法の説明を良く聞いて身の安全を守りましょう。まだゴビマーチを走っていない方、4デザーツコレクションに何か足りない(ゴビマーチの完走メダル)と思っている方、来年のエントリーもすでにオープンしていますので、お友達にも薦めてみて下さい。

随分先の話で恐縮ですが、来年11月のパタゴニアにオンラインエントリーされている方に対して本部からメールが発信されています。参加可能人数は200名の予定ですが、すでにエントリー数300を超えたため、エントリー順かつデポジットを納めた早い人順から参加枠確定となります。早くからオンラインエントリーいただいている方でも、デポジット支払い済みの方が200名に達しますと、ウェイティングリストにお名前がまわる可能性がありますので、良くお考えの上手続きをお願いします。一旦お支払いいただいたあとで、大会120日前にエントリーキャンセルされますと、手数料を差し引いた金額しか戻りません。その点をご理解いただいた上でお支払い手続きをお願いします。尚、今年の南極ラストデザートに参加予定の方は、お支払い期限が伸びますので、詳しくは本部または事務局へお尋ねください。

これからの砂漠レースに向けて、梅雨の時期にしっかりと潤っておきましょう。


近藤さなえ
4デザーツ砂漠レース日本事務局
4 Deserts Race Series Ltd.
www.4deserts.com
Cell:090-1535-3629
http://twitter.com/sandykondo


このページのトップに戻る



平成28年5月29日更新

砂漠フレンズ通信〜サハラレース+α

 
風薫る5月があっという間に過ぎようとしています。

サハラレースinナミビアが終了しました。約40名のエントリーを日本からいただき、毎度のことながら、ゼロ関門からいろんなことがありましたが、終わってみればみなさんの爽やかな笑顔!

ここのところのレースはずっと寒かったり雨が降ったりというレースが多かったのですが、久々に何にも無い、ソフトサンド(柔らかい砂)の、多くの人がイメージする砂漠らしい砂漠だったと思います。1〜2日目は涼しすぎるくらいでしたが、3日目になるとあっという間に気温があがり、日陰は全く無く、第2チェックポイントは戦場のごとく熱中症になりかけている人たちであふれかえっていました。

ナミビア砂漠は海岸線にあるため、朝晩の霧が濃く、気温も下がり、砂地も塩分が多いように思います。ロングマーチでは、日没後に走っていた選手たちにとっては、波音がすぐ近くに聞こえる、真っ暗闇のなかを進むコースでした。また、今回のコースは国立公園でもあるスケルトンコースト内で行われました。国立公園内でスポーツイベントを行うのは、特別なことらしく、そのためナミビア人の選手たちも楽しみにしてエントリーしていたわけです。

日本人選手が多かった事もありますが、みなさんそれぞれにとてもがんばりまして、順位は飯野わたるさんが総合1位、若岡さんが4位(年代別1位)、樺沢さんが5位(40代男子1位)、石原さん70歳以上の部1位、女子は井土まきさんが4位(年代別1位)、スポーツマンシップ賞は小さな鈴の音プロジェクト(日中韓ブラインドランナーチーム)のリーダーであり日本在住の金ギホウさん、などが受賞されました。高低差も少なく、テクニカルな部分がないコースと言われていましたが、途中で苦しまなかった人はいないくらいに、それぞれに肉体的、精神的に壁を乗り越えてのゴールでした。

今回のレースの模様はNHK BSのグレート・レースシリーズで放映予定です。放送日は先になりますが、年明け1月上旬の見込みです。詳細決まりましたら、ご案内いたします。今回の撮影メンバーは、アタカマやマダガスカルにも同行していたメンバーもいますが、アスリートカメラマン自身もアドベンチャーランナーで、やはりみなさんのフットワークの良さとどんな状況でも冷静な判断と行動と時間を問わないその体力は、裏から見ていて感嘆するばかりでした。インタビューにご協力いただきました皆様に感謝します。編集後にテレビに映るのは、本当に氷山の一角という感じがしますが、まったくご自身の姿や声が映っていなくても、自分が参加したレースをご家族、お知り合いの方々とご一緒に観ていただけたらと思います。

6月にはゴビマーチがあります。今年の気候はどんな風になるのでしょうか。

例年、中国国内移動でトラブルが生じやすいため、選手のみなさんには国内の移動に汽車を使うように勧めています。来年以降参加を検討している方は、ご参考までに。

来年のロービングレース、パタゴニアはすでに200名を超えました。参加ご希望の方はお急ぎオンラインエントリーしたほうが良さそうです。

明日は、ナミビアの隣の国、南アフリカで世界最大で最も歴史のあるコムラッズマラソン(ウルトラ89km)が行われます。国内外の砂漠フレンズも参加しています。砂漠レースほどの休暇が取れないとき、コムラッズマラソンを走ってみるのも面白いかもしれません。日本からは30名参加、現地駐在の日本人も参加しています。大会全体では2万人が12時間の制限時間内ゴールを目指して走ります。明日29日、日本時間お昼の12時半からオンラインにて全行程のライブ中継を観る事ができます。www.comrades.com

日々暑くなって、砂漠レースの練習にふさわしいシーズンとなりました。給水と日焼け止めはお忘れなく!


近藤さなえ
4デザーツ砂漠レース日本事務局
4 Deserts Race Series Ltd.
www.4deserts.com
Cell:090-1535-3629
http://twitter.com/sandykondo

 
 
 
上記ナンビア砂漠レースにスタッフとして
参加していた大森敏生さんのレポートです。
http://unpoh.web.fc2.com/syukis/oomori/oomorip15/2016-p-15.html#a
ご覧いただければ幸いです。

コムラッズマラソン
私の参加したのは16年前でした。
http://unpoh.eco.coocan.jp/MU18-23Gou/22-11Comurazzu.html

雲峰記
 
 
 
このページのトップに戻る

 


平成28年4月27日更新

砂漠フレンズ通信(4月26日)


砂漠フレンズの皆様、

九州にお住まいの砂漠フレンズの皆様の無事は確認できておりますが、まだまだ揺れが続いている様子、引き続き身の安全を第一にお過ごしください。少しづつでも良い方向に向かって行けますように。

海の向こうでは、エクアドルでも甚大な被害が出る大地震が発生しました。レース中にお世話になった現地スタッフやボランティアの皆さんの様子も気がかりです。4デザーツはエクアドルに私たちがレース中に使った分を含むテントを寄付しました。ロービングレース開催後3週間にはコトパクシ山が噴火するなど、自然災害がエクアドルでも続いています。災害の影響を受けられた方々の生活が少しでも改善されますように。

さて、いよいよナミビアでサハラレースが始まります。

参加者への応援メッセージはコチラから。

http://www.4deserts.com/beyond/patagonia/email

The course of RacingThePlanet: Sri Lanka 2016 follows the same format as the world renown 4 Deserts Race Series - that is 250 kilometers / 155 miles in 6-stage over 7-days.

 
 Racing The Planet:SriLanka 2016
www.4deserts.com

アルファベットで入力してください。

番組取材班も私以外現地入りしました。今回は、メディア関係者も多く、日本からの8名のほかに、海外からも8名(オフィシャルフォトグラファー含む)います。

砂漠デビューする仲間も半数近く。皆様、応援よろしくお願いします!

首都圏は、桜餅から柏餅になりまして、不覚にもうぐいす餅を食べ損なったようでございます。

私は28日から5月16日までナミビアに出かけますので、その間、メール対応が難しくなるとおもいますが、急ぎの質問は、info@4deserts.com へお寄せください。

来年のパタゴニアレースのエントリー数も現在185。参加ご希望の方は早めのエントリーをお勧めします。定員予定は約200名です。

では、次回の砂漠通信まで、お元気で!


近藤さなえ
4デザーツ砂漠レース日本事務局
4 Deserts Race Series Ltd.
www.4deserts.com
Cell:090-1535-3629
http://twitter.com/sandykondo


このページのトップに戻る



平成28年3月20日更新

砂漠フレンズ通信(パタゴニアレース2017)


花粉症まっただ中の事務局です。みなさま、お元気ですか?

先週はミニ砂漠会議を開催、レース前には、爪を前もって剥がしておく人や、あと1ヶ月でサハラレース(ナミビア)なのに、「必需品リストってあるんですか?」というような人や、食糧カロリーメイトをたよりにしている人に、非難ごうごう(というか、経験者たちからの優しいアドバイス)飛び交い、楽しいひとときでした。

本日のお知らせは2つ。

まず一つめ。

まだまだ先の話の用で恐縮ですが、来年11月のパタゴニアレースのエントリーがすでに100名を超えています。定員は約200名をめどにしていますので、参加ご希望の方は、早めにオンラインエントリーされることをオススメいたします。

2つ目のお知らせ。

5月1日からナミビアで開催されるサハラレースに、今回もNHK BS番組取材班が同行することになりました。取材班は8名です。今年は南極ラストデザートも開催されるため、定期レース(4デザーツ)全制覇するグランドスラムの他に、スリランカのロービングレースと合わせて、グランドスラムプラスを狙える年でもあります。それにチャレンジしている選手たちもいますし、日本国内外からの速い選手たちがいつになく多いので、トップ争いもおもしろい展開になるのではないかと思います。日中韓からブラインド・ランナー(視覚障害ランナー)たちも参加、また英国から参加するブランドランナーは、特別なテクニックで伴走者なしで完走目指します。ゴビマーチで出会ったメンバーが意気投合して、チームエントリーをしている日本のチーム・サクラ。ご家族やお友達に、自分たちが参加している砂漠レースを番組通じて見ていただけると思います。画面に映る、映らないは別として、「こういうレースを自分も走った」という諸先輩型も、懐かしく思い出しながらみなさんで見ていただけたらと思います。放送はかなり先になりますが、決まりましたら、あらためてご案内いたします。

この時期、睡眠が浅くなってしまって、かといって起きる時間には眠くてしかたがないのですが、

眠気覚ましに良い方法を見つけました。それは。。。

寝起きに体重計にのることです。

今朝もこれで一気に眠気吹き飛び、雨の中ジョギングに飛び出しました〜。

元気に春を楽しみましょう。


近藤さなえ
4デザーツ砂漠レース日本事務局
4 Deserts Race Series Ltd.
www.4deserts.com
Cell:090-1535-3629
http://twitter.com/sandykondo


このページのトップに戻る



平成28年3月11日更新

砂漠フレンズ通信(3月11日)


砂漠フレンズのみなさま、
暑かったり寒かったりですが、東京は サクラのつぼみがほんのりピンク色になってきたように見えます。

5年前の出来事を忘れずに、今ここに生きている自分を大切にしながら、一日一日を大切にしたいと思います。5年前は、アタカマ砂漠にいました。そう、アタカマクロッシングのロングステージの最中でした。

5年も経つのに、自分の家の前は液状化対策の工事中です。
まして被災地の様子は まだまだ問題山積みで、歯がゆい思いと自分の力なさに悶々としたりします。

スリランカレースが終わってあっという間に、もう来月にはサハラレース(ナミビア)に参加する選手たちが現地へと向かいます。

砂漠デビューするメンバーもたくさんいます。
来年はパタゴニアのレースもあります。エントリーが続々と増えていますので、興味ある方は乗り遅れませんように大会HPをチェックしてみてください。

最近は空気も乾燥することが多いので、急ではありますが、来週木曜日17日のお仕事帰りに近況報告兼ねて集合しませんか?

場所は皇居周辺(半蔵門または日比谷あたり)の予定です。参加出来そうな方はご連絡ください。砂漠デビューを控えている方に経験をシェアしてくれる諸先輩陣、大募集です。サハラに限らず、これから参加考えている方も、砂漠フレンズを質問攻めしてみてくださいね。役に立つ事経たない事、いろいろ教えてくれると思います。

それでは、花粉に負けず、元気にいきましょう。


近藤さなえ
4デザーツ砂漠レース日本事務局
4 Deserts Race Series Ltd.
www.4deserts.com
Cell:090-1535-3629
http://twitter.com/sandykondo


このページのトップに戻る



平成28年2月27日更新

砂漠フレンズ通信(東京マラソン前日)


あっというまに春が近づき、明日は東京マラソンです!

参加される皆さん、楽しい一日となりますように。応援する方はゴール手前2kmくらいの場所は風が強くなることが多いので、ウィンドブレーカーがあると便利です。

スリランカレースがおわってから1週間たちました。

今回のレースは参加者70数名とコンパクトで、砂漠レースシリーズ初参加者が約半数でした。久々に、寒くないレースで、代わりに暑さに蒸し暑さが加わったので、選手たちは体調を適応させるのに苦労していたようでした。日本の蒸し暑さよりはまだ軽いように思えても、寒い日本から現地に行って、いきなりの蒸し暑さでは身体もびっくりするようです。

スリランカは物価も安く、野菜も豊富で食べ物もおいしく、親日派も多かったりして、日本から訪れるには良い場所かと思います。初めてのスリランカ航空は、機材も新しく、爽やかなイメージ。植民地時代の影響も残り、アフタヌーンティーも楽しめます。ホテルからレースのスタート地点へ移動する間には、由緒あるMackwoods紅茶工場に立寄り、個々の場所には、なんと英国のチャールズ皇太子も訪問されたことがあるようで、そのときの写真が飾ってありました。選手たちもここで紅茶のおもてなしを受けました。

転地レース(ロービングレース)は、何かとハプニングがつきものですが、今回もいろいろあり、なんと、レースが始まろうとしているのに、物資が届かない!税関で足止めされてしまっていました。テントもなく、最初の2日間は青空キャンプ。3日目にはやっとテントが届き、なかなかオシャレなテントで空間が広くて良いな〜と思っていたら、夜中の土砂降りで内部も浸水。。。💦

選手の皆様本当にスミマセンでした。

土砂降りの程度が半端無く、日中もめまぐるしく天気が変わり、それでも、日中は大雨のあと晴れれば濡れた物も乾くのですが、また土砂降りという感じでした。

スリランカは思った以上にサファリの国で、選手の約半数は象に遭遇、おさるさんはたくさんいて、頭上の木の枝を飛び交い、バッファローに毒蛇、マングースもいました。田んぼの風景は日本でも良く見慣れていますが、その中に椰子の木があったり、国鳥であるピーコック(孔雀)が歩いている様子はスリランカならではの風景でした。国立公園内のコース取りの許可がおりず、ロード部分が多くなったところもありましたが、ジャングルゾーンでは、安全確保のため、レーンジャーや陸軍のサポートを受けながら、大きな事故無くレースを行うことができました。

レースとしての展開は、男子は毎日トップが入れ替わるという、なかなかの接戦。女子も1、2位が競っていましたが、何と言っても、今回は50代の女性陣の強さ。5名の50代の女性たちは様々なレースで総合入賞の記録の持ち主たち。スリランカの優勝はサンディ・サックリング選手でしたが、彼女と今回参加していたリンダと共にチームを組んでバッドウォーターの入賞経験あり、サンディは今年のバッドウォーターには個人エントリーしています。2009年のサハラレースにご主人に連れられて初めて砂漠レースに参加した彼女がここまで強くなったのは、本当に素晴らしく、自分としてもとても刺激を受けます。

日をおうごとに、どうしてもリタイア者が出てしまうのですが、今回のレースは、初日のスタート時よりなぜか選手の数が増えるという、ユニークなハプニングもありました。なぜでしょう。。。?それは、警備を請け負っていたスリランカ軍のメンバーが、若い軍人のトレーニングを兼ねて、参加させて欲しいという申し出があり、最初は3人、翌日にさらに二人と増えていったのです。自分の国とはいえ、苦しい事は苦しいらしく、それでも頑張っていました。

レース後のレセプションでは、来年のロービングレースの開催地が発表されました。

それは。。。

2017年11月12日スタート、パタゴニアです!

http://www.4deserts.com/beyond/patagonia/

すでに44名がエントリーしていますので、参加希望者はお早めにエントリーをどうぞ。パタゴニアには多くのレースがありますが、4デザーツならではのユニークさを出しているようです。標高は3,000以下に押さえる予定とのこと。走りたい人は思いっきり走って下さい。楽しみたい方は思う存分に楽しく過ごせる事でしょう。

そろそろふたたび砂漠フレンズの集まりを考えていますので、ご案内は決まり次第お知らせします。

東京マラソンの次はひな祭り。甘酒はアスリートにも良いそうですね。

ひなあられにはロマンを感じます。

明日まで新国立劇場にて砂漠フレンズのワッキーが『Mother マザー~ 特攻の母 鳥濱トメ物語~』

を熱演しています。日曜日はマチネですので、ご都合つく方は是非ご覧になってみてください。当日券もあるようです。


近藤さなえ
4デザーツ砂漠レース日本事務局
4 Deserts Race Series Ltd.
www.4deserts.com
Cell:090-1535-3629
http://twitter.com/sandykondo


このページのトップに戻る



平成28年2月9日更新

砂漠フレンズ通信(2月7日)


砂漠フレンズのみなさま、

きょうはNHK BS1でグレートレース ジャングルマラソンが放映されましたが、ご覧になりましたか?
砂漠フレンズの岡田さん(三州ツバ吉さん)、亀井さんも参加されて、みごと完走なさいました。
お二人とも、今年のサハラレースに参戦予定。ジャングルのお話もいろいろと聞いてみたいものです。

さて、14日からはスリランカのレースがいよいよスタートします。大会HPから写真やステージごとの情報、順位がわかりますので、ぜひ見てください。www.4deserts.com/beyond/srilanka

事務局は明日8日早朝よりスリランカへ移動し、22日帰国予定です。その間、インターネットにはほとんどアクセス出来ないかと思いますので、その間に受信したメールは帰国後に対応します。
急ぎの連絡がありましたら、本部のメルアドinfo@4deserts.comへ送信してください。

それでは、次回のメールまでごきげんよう。

(あれ、オチがないの?と言わないでください。。。)


近藤さなえ
4デザーツ砂漠レース日本事務局
4 Deserts Race Series Ltd.
www.4deserts.com
Cell:090-1535-3629
http://twitter.com/sandykondo


このページのトップに戻る



平成28年1月14日設置

砂漠フレンズ通信(2016年1月)


あけましておめでとうございます。
首都圏では例年になく暖かいお正月でした。お餅食べながら、きな粉をつけたほうとごまをつけた方とどちらが高カロリーで、ごまときな粉はどっちのほうが軽いかしら、などと思いつつ、そのカロリーの高さに驚いて、もう少しでお餅が喉につかえてしまいそうになりました。

中国が旧正月を祝うころ、今年はじめての砂漠レースシリーズがスリランカで開催されます。
全体では90名弱のエントリー、日本からは8名がエントリーしています。常連メンバーに加え、新しいメンバーもドキドキ初参加。人数がコンパクトなぶん、みんなとチャレンジしたり楽しんだり思い出たくさんつくりたいと思います。

このレースの特徴は、4デザーツ始まって以来はじめてと思いますが、ロングステージが2日目に設定されています!2日目から3日目にかけて70km強をひんやりする高地からぐぐっと降りて、やや亜熱帯の地域にと移ります。下におりると、日本ほどではないにしても、夜の気温も極端には下がらないとか。ここで体力使い果たすとその後のステージ展開に影響が出ますので、なんともいつも通りとはベテランさんでもいかないかもしれません。

そして、5月に行われるサハラレース(ナミビア)は、総エントリー数がすでに200名を超えました。日本からは現在44名がエントリー、そのうち2名は視覚障害ランナーさんです。選手のみなさんも、北海道2名、東日本、関西、九州、四国と広範囲から参加します。年齢も大学生から最高齢はレジェンド石原さん(70歳)まで、まさに3世代のごとく。巨大なサザエさんファミリーが砂漠に出現しそうです。私は裏方スタッフとして現地に行きます。これだけ多くの方がいらっしゃると、体力低下中のお年頃である自分だけではカバーしきれないかもと思っていたところ、心強い助っ人がボランティアとして参加してくれることになりました。私を砂漠の世界へ導いてくださった大森さんです。知る人ぞ知る、という大森さんについて、ご本人の世界の旅レポートご参考までにコチラです。http://unpoh.web.fc2.com/syukis/oomori/oomorip14/2015-p-14.html

6月にはゴビマーチがありますが、4デザーツが始まってから50回目の砂漠レースとなる記念大会です。ぜひお知り合いの方にもご紹介いただき、エントリーおまちしております。

10月のアタカマクロッシングには、昨年カラフルに活躍したチームAHOがメンバーを新しくしてアタカマに戻ってきます。

そして、11月は南極ラストデザート。エントリーはお早めにどうぞ。

今月末には、2017年のロービングレースの場所が発表になります。みなさんの予想と当たるでしょうか。
開催地に悩まなくても良いように、どの国でも争いごとなく、平穏になって欲しいものだと思い、祈ります。

香港本部からのニュースですが、
4デザーツの社長でもあるサマンサが、昨年のクリスマスにポールと婚約しました!
ポールも度々レースに参加していますので、まだ会ったことの無い方も、レースに参加すると彼らに会えると思います。本当にお似合いのカップルです♡

いいな〜♡

砂漠フレンズも参加した昨年のジャングルマラソンが、NHK BS1 グレート・レースで2月7日に放映されるそうです。どんな内容か楽しみです。

きな粉をまぶしたお餅を見て、砂漠で砂まみれになっている自分の姿と重ね合わせている、そんな2016年のスタートです。

本年もご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします。


近藤さなえ
4デザーツ砂漠レース日本事務局
4 Deserts Race Series Ltd.
www.4deserts.com
Cell:090-1535-3629
http://twitter.com/sandykondo


このページのトップに戻る


「雲峰のマラソンの歌」トップページに戻る 感動の手記トップぺージに戻る 更新履歴
inserted by FC2 system